集中練習

目的を持って・・・

ホーム トップ 戻る 次へ

以前(随分前)の練習では、"総合練習"について 語ってますが、今回は一つのワザを徹底的に覚える為の練習法です。
練習項目は何だって構いませんが、練習場所は完全にクローズされた場所でお願いします。

集中練習って、文字通り集中的に練習を行うのが優先されるので、"金を払って"でも誰のジャマの 入らない場所でやらないと集中練習にはなりませんよ。
練習時間は夜よりも、より実践に近い日中の方が良いと思います。

まず、練習をはじめる前に"練習項目"を決めておきましょう。
せっかく、本腰を入れて集中練習するのですから、漠然と走るのは勿体無いですよ。

ンで、どうせなら公道ではできない練習を重点的にやるようにしましょうね♪
定常円旋回やドリフトとかフルブレーキングなど・・・

定常円旋回中にイロイロ試してみると勉強になりますよ。
ありとあらゆる、"常識&非常識"な操作をして、"こうすれば、こういう 動きになる"ってことを、頭と体に叩き込んでください。

旋回中に、アクセルのオン・オフを繰り返してみたり、旋回中にフルブレーキングしてみたり・・・
世の中で言われている非常識なんかを実際にやってみると、意外と"許容範囲"だったりして、ビックリするかもね♪

あと、練習するなら1人より人数が多い方が良いですよ♪
1人で黙々と走って練習になるのは、ある程度のレベルにならないと難しいかもね。

練習の結果って、自己判断で優劣を決めるのは良くないですよ。
相手のレベルに関係無く、"第三者"の意見は参考になりますよ。

っあ、練習する時に"普段履き"のタイヤでは少々勿体無い気がするので、練習時は練習用のタイヤを用意しておきましょう
ただし、練習用のタイヤはなるべく"現地"で履くようにした方が良いカモ?
現地に着くまでに、タイヤトラブルでリタイア・・・なんて、シャレにならないですからね(^^;

練習だからと言って、基本練習ばかりでは脳がありませんよ。
"本能の赴くまま"に走るって言うのも結構、大事なことなんです。

ヘンに、"ブレーキの練習"とか"ドリフトの練習"って、決めないで "好き勝手"に走ってみる方が、ヘタな練習よりも身になったりします。
騙されたと思って、1度は本能の赴くままに走ってみてくださいね♪

"目的をもって集中練習"って聞けば、なんか凄い練習をやらないとダメな気がしますが、何でも良いから1つのことを丸1日練習すれば良いだけのことです。
意外と、"身にならない"って思ってるコトが、重要なことだったりするのでイロイロな走りを経験してください。

練習って、ムダなことなんて何一つ無いんですからね♪




ホーム
トップ
戻る
次へ




Copyright(C) 2004 by bunkichi All rights reserved.