惨敗

やっぱり四駆は速かった?

ホーム トップ 戻る 次へ

タイヤをRE−01から、AD07に交換して「50秒台を出して来るゼ!」と 意気揚々と出向いたものの・・・あの〜。。。凍ってるんですけど(^^;
確かに、現地に向かう途中で雪を積んだ車とかとすれ違ったりしたんですけどね(^-^;
さらに、サーキット入り口も凍ってて、登るのにも困難だったんですが・・・

どうもクヌギから、寒波付いているのか・・・
ピンクさん曰く「昨日まで、晴れだったのに・・・」良いんです。慣れてますから(T-T)

っで、通常サーキット走行は、AM9:00開始なのですが凍結の為、AM:10:30までずれ込みました>走るのかよ?( ̄▽ ̄;
わざわざこの凍結の中、やって来た事に敬意を払ってか?時間がズレ込んだことに対して悪いと思ったのか?今日の走行は、計測量はサービスでした♪

ンで、今日は終始ウエット。たまに太陽が顔を見せるものの、雨が降ったり止んだりで路面が乾くことはありませんでした(泣
今回のぶんきちの"心のライバル"は、午前中はEVO6&7。午後からFD3台。相手にとって不足は無い・・・かな?(^^;

午前中のタイムは、59秒〜58秒前半。
EVO6は、やっつけるものの、EVO7には2秒遅れ(^^;

後ろに着いても、どんどん離されて・・・速ぇ〜よ(泣
慣らしを終えたばかりのAD07ではまだ辛いのか?立ちでトラクションを掛けれない。

走行後にタイヤを触っても冷たいままだし、内圧も変化無し。
ただ、フロントの喰い付きは良く、アンダーが出ても"それ以上"まで行かないので、コーナーリングは非常にラクに感じました。

午前中は減衰力を前後5番で走っていたのですが、"ブレーキングや舵を入れた時に、タイヤを弾かれる感じ"がしたので、午後は 8番に設定変更することに・・・
足を柔らかく設定することで、ブレーキングでの不安定や立ちでのトラクション不足を補おうと・・・パーツに頼り切ってます( ̄▽ ̄;

このセッティングが功を奏したのか?午後からは、58秒台で走行。
その後、57秒後半を連発!

どうだ!EVO7!」ってタイム掲示を見ると、55秒台!?"まぢっスか?( ̄▽ ̄;"
ってか、54秒台も出してるし・・・(^-^;

SWの同クラスは、FDだ!」っと、現実から目を背けてFD3台のタイムを見ると・・・
ぶんきちが、平均58秒前半で走っている中。。。59秒〜58秒後半・・・この差は、ぶんきちのタイヤが新品なので、仕方ないのかな?

結局、現実から目を背けることは許されず、対EVO7戦に惨敗。

今回の反省点は、SWの利点である"抜群のトラクション性能を活かせなかったこと"と、相変わらずアセると突っ込み過ぎてますね(^^;
ドライ路面ならある程度、誤魔化しが効くのですがウエット路面では、誤魔化しが効かずヘタレさ加減を露呈する結果に・・・

もう少し、タイヤを巧く使えるようにならないとAD07が泣いちゃうね(^^;
今はまだ、タイヤがぶんきちのミスを補ってくれてる状態なのが辛い。タイヤに"おんぶに抱っこ"じゃ、カッコ悪いね。


ホーム
トップ
戻る
次へ




Copyright(C) 2003 by bunkichi All rights reserved.