選択肢

MR2に限った話しじゃないですが・・・

ホーム トップ 戻る 次へ

MR2での旋回を考えた時、ブレーキングで向きを変えるか?サイドで一気に向きを変えるか?グリグリでガマンの旋回といろいろあります。
ジムカーナのような、極端に小さなターンをする場合は、ブレーキングで向きを変える方法と、サイドで向きを変える方法があります。

ミニサーキットでの小さなコーナーは、ブレーキングとグリグリの2パターンが・・・
これらは、コースの状況などで変えて行かないといけない部分なので、コースに合わせた走りを必要とされます。

よく、"このコーナーで向きを変えて・・・"と言っているのは殆んどの場合、ブレーキングで スライドさせて向きを変えることを指しています。
つまり、MR2のコーナーリングには積極的にスライドさせて旋回する方法と"ベタグリップ"で旋回する方法があるのです。

特に、MR2の場合低い速度からでも、スライドさせることができるので、選択肢の幅が広がってくるのです。

当然、この2つの選択肢を状況によって使い分けるのですが、グリップ走行にもスライド走行にも"一長一短"あるのも事実です。
どの状況で、どの選択肢を選ぶかは皆さんにお任せするとして、この2つの旋回方法の長所と短所を解説しますね♪

【グリップ】

≪長所≫
グリップ走行の長所は、なんと言っても"安定"です。挙動の乱れも起こさないので、ドライバーのレベルに関係無く安定して旋回する コーナーを旋回することができるでしょう。
また、タイヤにも優しいので長時間の走行でも内圧変化を抑えて走ることが可能になります。

比較的、大きなコーナーなどではグリップ走行は有利です。

≪短所≫
小さいコーナーでは、アクセルを踏めない時間が長くてツライです。

アクセル操作が"雑"になると、アンダーやオーバーが出易く挙動を自ら乱すことになってしまします。
特に、1度アンダーを出してしまうと"終始"アンダーになってしまい、いつまで経ってもアクセルを踏めないって言う状態が延々続いてしまうので アクセル操作には十分注意が必要です。

【スライド】

≪長所≫
進入で既に向きを変えているので、アンダーを出し難いのが大きな特徴でしょうか?

小さいコーナーなどでは、積極的に向きを変えることによって"いち早く"アクセルを踏めるようにドライバーが姿勢を作ることもできます。

≪短所≫
積極的に向きを変えるってことは、スライドコントロールができないと話しになりません。
もちろん、スライドさせているので非常に"不安定"な状況を作り出すことになります。

特に、MR2のスライドコントロールはシビアで、サジ加減を間違うとその場で回ってしまうほど難しいのです。
タイヤを滑らせているので、内圧が上がり易くタレも早いです。なので、長時間の走行が不可能になってしまいます。

っで、実際問題この2つの走りができないと、MR2を速く走らせることは不可能です。
ぶんきちなんかが、サーキット走行する時などは両方を使い分けて、さらにグリップ走行とスライド走行の"複合"して走らせようと努力してます。

大きなコーナーなどでは、グリップで進入してクリップ付近で向きを変えて、立ち上がりを弱アンダーに・・・まぁ、理想ですが( ̄▽ ̄;
MR2なら、パイロンコース位の広さがあれば十分、ブレーキングでリアを動かすことができるので、是非習得してください。

まずは、リアを動かすこと。そこから、グリップ走行などで高次元のコーナーリングを覚えるようにしてください。
結局、MR2ってリアを動かせない(勝手に動くんじゃなくて)と速く走ることは不可能・・・って言っても過言じゃないカモ?たぶん( ̄▽ ̄;




ホーム
トップ
戻る
次へ




Copyright(C) 2002 by bunkichi All rights reserved.