ウイークポイント?

AW&SW共通です

ホーム トップ 戻る 次へ


どんな車にも弱点があるように、MR2にも当然弱点は存在します。
しかし、今回紹介する弱点はちょっと特殊なモノで、"ある"チューニングをしなければ ほとんど気が付かないことです。

逆な言い方をすれば、"ある"チューニングさえしなければ、何も問題が無いのですが・・・
特に、AWやSW1型では"違和感"を感じるかもしれませんね。

そのチューニング内容を紹介する前に、MR2のウイークポイントってどんなシチュエーションで起こると思いますか?
じゃぁ、逆にMR2の得意なシチュエーションってなんでしょう? あんまり焦らすと殺されるかな?(^^;

MR2の得意なシチュエーションって、意外と思われるかもしれませんが、Rの小さなコーナーなんですよ。
え、知ってる?(^-^;

イメージ的には、横Gがイッキに掛かって挙動を乱してしまいそうな気がしますが、MR2って意外と"短時間"に 掛かる横Gは苦にしないんですよ。
ここまで言えばお解りでしょうが、MR2の苦手は横Gが"延々"と続く高速コーナーなんですよ。
しかも、"ある"チューニングをキッカケに、難しく感じてしまうんですよ。

ンじゃ、そんなチューニングなんてしなきゃ良いじゃん」とお思いでしょうが、速く走る為には必要なパーツなので そういうワケには簡単にはいかないんですよ。

高速コーナーや横Gが延々と続くようなコーナーを難しいと感じさせるパーツは、機械式L.S.Dなんですよ。
もちろん、ビスカスL.S.Dでも同じような症状は起きますが、機械式ほどシビアではありません。

では、高速コーナーなどではどんな弊害が起こるのでしょう?
まずは、下の図を見てください。少々強引な図ですが、気にしないように(^^;

デフフリー機械式

左の図がデフフリーで難なく走れる(?)ラインです。機械式デフを入れて同じ"ペース"で走ろうとすると右側の "赤いライン"になってしまいます。
これは、機械式デフを入れることによって"トラクション"が向上し、リヤタイヤの"押し出し"が 強くなってしまい、フロントタイヤが後ろからの押し出しに負けてしまうことで起こる現象なのです。

フロントにエンジンが載っているFRならば、ここまで極端に症状は出ないのですが・・・ウエット路面ではFRでも同じような症状が起こります。
MR2のようにフロントにエンジンが無い車では(RRも含む)リヤからの押し出しに影響を受け易いのです。

みなさんの中にも、「機械式デフを入れる前に出来ていたことが機械式を入れたとたん、出来なくなった」なんて人、居ませんか?
今まで踏めてたコーナーで踏めなくなった」なんて人は、"運転方法"の考え方を変えましょうね。

機械式デフを入れた人は、積極的に"向き"を変えるようなドライビングを心掛けましょう・・・って、別にスライドに持ち込んでくださいって ことじゃなくて、"アプローチを大切にしてください"ってことですよ。
まぁ、これは機械式デフに限ったことではないですけど、やっぱり"突っ込み過ぎ"には注意してくださいね。マジで進入から出口までアクセルが 全然踏めなくなってしまいますよ。




ホーム
トップ
戻る
次へ




Copyright(C) 2002 by bunkichi All rights reserved.