MR2

やっかいな車です(^^;

ホーム トップ 戻る 次へ


世の中では、MR2と言えば特殊な車に位置付けられています。どの雑誌を観ても どんなビデオを観ても、誰に聞いても"MR2は難しいゾ"とか"MR2を 乗りこなせれば上級者"とか言われていますが、実際に乗ってみると意外なほど普通の車なんで ちょっと拍子抜けした記憶があります。
その他の駆動方式の車より、はるかに速いコーナーリングスピードで駆け抜けたり、フルブレーキングをしても 4輪がキッチリ路面をとらえているかのごとく、非常に安定しています・・・始めのうちは・・・(^^;

MR2に慣れれば慣れるほど「限界の低い車だな」と、思うようになってきました。
これは、後から気付いたのですがぶんきちの場合、元々がドリフトあがりなので、 ライン取りやブレーキング、ステアリングのタイミングがドリフト用になっていたようです。

しかし、たまに40〜50Km位の速度域でオーバーが出てしまうことがあります。ドライ路面であれば何も問題は無いのですが ウエット路面では、対処が遅れるとマジでヤバイです。
オーバーが出た時の対処法はカウンターを当てることしかできません。注意しなければならないのは カウンターを当てた後に車を"どこに持って行くか?"です。

車速が速い時や、ウエット路面ではフロントも滑るので、それも計算に入れてください。

《内側に車を持って行く場合》
カウンター量を若干少なめに当てる方法とアクセルをチョンと踏む方法がありますが、巻き込み速度が速いと感じたらフルカウンターを 当ててスライドスピードを落とすようにしましょう。
アクセルを踏む場合も、FR車のようにパワースライドを誘発させようと"ガバッ"と踏んでしまうと、 たちまちアンダーが出てしまい、外に容易に飛んで行くのでアクセルを踏む際は腫れ物に触るように慎重に行ってください。

《外側に車を持って行く場合》
最初にカウンターを当てるのは同じです。そこから、フルブレーキすればフロントの軽いMR2は容易にロックをしてくれます。(A.B.S付きでも 大丈夫だそうです)フロントがロックすれば外側に、逃げてくれるので行きたい所まで来たら、ブレーキをリリースしてください。ブレーキを踏み続けていると、 そのまま進行方向が外側になってしまうので注意してください。

《そのまま、華麗に立ち上がる場合(^^;》
カウンターを当てて"もう、これ以上流れない"と判断したら、すかさずアクセルを踏み込みます。この時のアクセルを 踏むタイミングも踏み込む量も非常にシビアです。一歩間違えれば、大スピン大会かどアンダー大会になってしまいます。しかし、何もしなければ上達も望めないので、 アクセル量は、少な目にしてタイミングを取るようにしましょう。スライド中は当然アクセル一定ですよ。

MR2では、いきなりテールスライドが始まるっていうのは、よくあることなので、コーナーに入る時は常にテールスライドを 意識して早目、早目に対処するように心掛けましょう。




ホーム
トップ
戻る
次へ




Copyright(C) 2002 by bunkichi All rights reserved.