後ろ下がり

脱!!初心者?

ホーム トップ 戻る 次へ

以前紹介した前下がりは、どちらかと言えばブレーキングがまだ"不完全"な 初心者を対象にしたセッティングだと思ってます。
今回紹介する後ろ下がりなセッティングは、中級者を対象にしてたモノだと思ってます(^^;

進入スピードや旋回スピードが上がった中級者が、前下がりのセッティングのままコーナーに進入すればリアが非常に不安定になり、オーバーが出たり 最悪スピンしたりと、散々な目に遭うんじゃないかな?
上達するに連れて、荷重もしっかりフロントに載せれるようになるのでセッティングに頼らなくても、曲げれるようになります。

極端な後ろ下がりな状態ってのは、前掻きにとっては"致命的"で、後ろが下がるってことは極端に言えば、フロントが 浮き気味になるので、"立ち上がり""上り坂"ではトラクションが抜け易くなってしまいます。
なので、前後バランスは程々に・・・ミリ単位でセットアップしてくださいね(^^;

っで、リアを下げると最初はアンダーが強くなったと感じるでしょう。
今までの"フロントタイヤに頼った"ドライビングでは、ブレーキングでアンダー。旋回中にもアンダー。立ち上がっても アンダーと、後ろ下がりはメリットが無いと感じるかも知れません。

そう感じた人は、そろそろ"曲げるブレーキング"ってヤツを意識した方が良いですよ。

では、後ろ下がりのメリットって何でしょう?
後ろ下がりのセッティングを施すことで、今までただ付いていただけの"リアタイヤ"の使い道が見えて来ると・・・

ただでさえ"フロントヘビー"な前掻きで、フロントタイヤに頼ったセッティングでは無理があると思います。
できれば車に掛ける"負担"は、前後に振った方が良いのではないかと思うんですよね。

そのバランスを前後に分散させるには、後ろ下がりのセッティングが有効になります。

後ろを下げてると容易にケツが浮かないので、ムダなオーバーは出難くなります。
まぁ、リアが動き難いってことは、アンダーステア傾向が強いってことなんですけどね。

ンで、アンダー傾向が強いってこは、テールスライドのコントロールが難しい前掻きでも、"少し"はラクにコントロールすることができます。
リアタイヤが浮き難いので、イッキにリアタイヤが飛ばずに若干グリップしながら滑ってくれるので、流れ出しが穏やかに感じます。

実際、リア掻きでも速く走ろうとしたら、弱アンダー方向にセッティングを振りますからね。
リア掻きでドリドリするにしても、オーバー方向のセッティングは入門用で、車速が上がってくればオーバー方向のセッティングだと限界が低いので自然とアンダー方向に振って行きます(^^;

っで、前後バランスをイジる方法は・・・
ぶんきちには、車高調しか思い付きません( ̄▽ ̄;

っあ、バネカットは危険なので止めてくださいね(^-^;

後ろを下げるのには、リアの車高をイジるって思うでしょうが、"フロントを上げる"って方法もあるので、イロイロ試してみてください。
間違ってもフロントを上げ過ぎないようにしてくださいね。前掻きはフロントで駆動してるんですから、十分なトラクションを得られなくなりますよ。

後ろを下げて"マトモ"に走れないようなら、まだまだ初級だと思って荷重移動の練習をしましょうね♪




ホーム
トップ
戻る
次へ




Copyright(C) 2005 by bunkichi All rights reserved.