突っ込み

ここでがんばらないと・・・

ホーム トップ 戻る 次へ

前掻きはその特性上、"リア荷重"になる、旋回中や 立ち上がりはニガテです。
旋回中や立ち上がりでは、がんばればがんばる程、タイヤも気持ちも空回りしてしまい タイムロスを余儀無くされてしまいます。

では、そんな前掻きはドコをがんばれば良いのでしょう?
まぁ、表題通り突っ込みなんですけどね( ̄▽ ̄;

突っ込みのドコをがんばれば・・・」って、疑問もあるでしょうが "全部"です(^^;
ブレーキングはギリギリまで遅らせ、減速も曲がれるギリギリの車速までしか落としません。

っで、こんな走法をイキナリやったら車が壊れます(^-^;
最低でも、ブレーキングなどの基本操作ができるようになってから行ってくださいね。

突っ込みスピードを上げれば、当然挙動変化が起きます。
アンダーで曲がるか?オーバーで曲がるか?は、その時の状況で判断してください。

ぶんきちは、低速コーナー以外ではアンダー気味に走ってます。
っと、進入ではあんまり駆動系は関係無いので・・・

進入での駆動方式による違いは、アンダーが出易いのか?オーバーが出易いのか?の違いだけなので、気にしないよ〜に( ̄▽ ̄;

突っ込みをがんばる為には、ドライバー自身がオーバーやアンダーを出せないと危険です。
ただ走り込んでいても時間ばかりが掛かりそうなので、ここはちょっと冷静になってアンダーやオーバーが出る 要因について考えてみましょう。

"アンダーやオーバーはどうすれば出る?"これを理解して、実践すれば 突っ込み時の姿勢作りもラクになるのでは?っと、ぶんきちは思ってます。

まずは、アンダーの出る要因を・・・
フロント荷重が足りない。ハンドルの切り過ぎ。過荷重。フロントタイヤが滑る。進入速度が高い・・・などです。

っで、速く走る為の条件としては、ハンドルの切り過ぎはダメなので除外します。
切り過ぎ以外の方法を使えば良いってワケです。

早目のアクセル・オンも、フロント荷重を抜くのには有効な手段です。
あまりアンダーが強過ぎると、終始何も出来なくなるので"サジ加減"は 走り込んで覚えてください。

次は、オーバーの出る要因を・・・
フロントに荷重が載ってる。ハンドルの切り過ぎ。急激な旋回G。リアタイヤが滑る。旋回速度が高い・・・などです。

ハンドルの切り過ぎ以外に注意すれば、問題無いと思います。

っで、ぶんきちはアンダーとオーバーの要因を組み合わせた"複合ワザ"で曲がってます。
高い速度で進入し、荷重を載せてノーズがインに向いたら荷重を抜いてアクセル・オン・・・ってな感じです。

こんな走法だから横に乗った人に「なぜオーバーが出ない?」とよく聞かれます。
これは、単純にぶんきちがオーバーが出る瞬間を把握してるだけなんですが・・・(^-^;

オーバーが出ると感じた瞬間に、フロントの荷重を抜いてやれば良いだけの話です<えらい単純だな( ̄▽ ̄;

突っ込みをがんばるには、慣れも必要ですが度胸も必要になってきます。
まずは、十分に安全を確保できる場所で、自分の思い通りの挙動が出せるように練習してください。

間違っても度胸一発は、止めてくださいね( ̄▽ ̄;




ホーム
トップ
戻る
次へ




Copyright(C) 2005 by bunkichi All rights reserved.