緊急回避

間に合わない?

ホーム トップ 戻る 次へ

これは前掻き初心者特有の考え方かも知れませんが、"前掻き=オーバーは出ない"と 思ってる人が多いんじゃないかな?
確かに前掻きは、オーバーステアが出難いセッティングを施されてますが、まるっきりリアが動かないってことはあり得ません。

その他の駆動系が起こる挙動変化は、前掻きにも同じように起こります。
っで、甘い罠オーバーステアで書いたように、 スライドスピードが高いので、"流れてからの対処"では、間に合いません。

そこで今回は、挙動変動(アンダー&オーバー)が出た時の緊急回避テクニックと、緊急回避を"冷静"に 行える練習方法を紹介します。

まず、"旋回中"のアンダーステアの対処は比較的ラクで、車速さえ落としてやればアンダーは収まります。
やっかいなのは、進入時に起こる"ブレーキロック・アンダー"です。

ブレーキをロックさせて、どんなにハンドルを切っても真っ直ぐ突き進む・・・
こんな状況に陥ったら、7割の人は"ブレーキペダルを踏みっぱなしのまま"で、コースアウト&クラッシュとなることでしょう。

っで、こんな状況に陥ったら"ブレーキ踏力を緩める勇気"が必要になってきます。
ただ、知識だけで踏力を緩めるのは止めてください。緊急回避の達人になる為には、緊急回避の練習をしないとね(^^;

練習は、至って簡単で真っ直ぐな道で、"ブレーキロック→解除"を繰り返し行います。
ココで重要なのは、ロックは"最低限"であること。もしくは、ロックしてる時間が"最短"に なるように細心の注意をはらってください。

まずは、真っ直ぐな道でこれができるようになること。

真っ直ぐな道で出来るようになったら、次はパイロンのような"目印"を置いて、ブレーキロック→解除でアプローチをやってください。
さらに、ブレーキロック→解除をやりながら、旋回できれば完璧です。

ロックさせながら曲がるとアンダーは出ますが、"踏力でロック率"をコントロールしてやれば、どアンダーにならずに曲がりますよ。
これを完璧にマスターすれば、進入時でのブレーキング・アンダーは恐れることは無いですよ。

前掻きで最もやっかいな、オーバーステアの対処法ですが・・・
これはもう、徹底的にケツが動く間際の車の動きを覚えて行くしかテが無いです。

サイドを引くも良し、低ミュー路でケツを振るのも良し、とにかく安全を確保できる場所で練習しましょう。
とにかく、リアタイヤが滑りはじまる時に起こる、車の"異変"を感じ取るようにしてください。

文章で説明するのは難しいのですが、なんかこう腰のあたりがムズムズと・・・( ̄▽ ̄;

リアタイヤの滑り出しに対処できるようになったら、カウンターを当てたりアクセルでコントロールしたりと、自分のペースでレベルアップして行けば良いと思います。
とにかく、挙動変動が起きても冷静に操作できるようになってください。

結局、練習量が自信となって、不意な挙動変動でも冷静に対処できるようになるんですよ。
パニックに陥ったら、助かるモンも助からんですから( ̄▽ ̄;




ホーム
トップ
戻る
次へ




Copyright(C) 2005 by bunkichi All rights reserved.