荷重

理解しています?

ホーム トップ 戻る 次へ

車を曲げたり止めたり走らせたりできるのも、荷重のおかげです。
また、曲がらなかったり止まれなかったり走らなかったりするのも、荷重のおかげ(?)です。

この荷重を理解していないと、速く走れないですし危険でもあります。
では、この荷重を理解するにはどうすればいいのでしょう?

荷重は、ブレーキングや発進。ステア操作などで起こります。もちろん、"遠心力"に よっても起こります。
荷重が"適量"であれば、強い味方になってくれるのですが度が過ぎると逆効果になってしまいます。

ブレーキを踏んだりアクセルを抜けば前が沈み、アクセルを踏み込めばリアが沈みます。そして、ステアリングを切れば"進行方向の反対側"が沈みます。
こんな単純なことも、荷重が適量であれば問題も無いのですが・・・

荷重が適量よりも多目に載れば、いとも簡単にタイヤはスライドしてしまいます。
この時、スライドするタイヤは"最も荷重が載った場所"なのです。

それはフロントタイヤ2本だったり1本だったり・・・あるいはリアタイヤだったりと状況によって様々に変化します。
このように荷重の載せ方を間違えると、たちまちスピンやアンダーを引き起こして大変危険です。

そんな危険な目に遭わない為にも、この荷重というモノを理解しましょう。

荷重は車が止まっている状態からすでに掛かっているものです。フロントエンジンなら"前輪"に リアエンジンやミッドシップは"後輪"に荷重が乗っています。
このことからフロントエンジンでは、発進加速が鈍くブレーキングでは、容易にロックが起こり易いってことが解りますよね?
逆な言い方をすれば、軽いブレーキングでも効きが良いってことです。

これは、フロントにエンジンが載っている為、アクセルを抜いただけでフロント荷重になってしまいます。ここでブレーキを掛けるとさらに荷重が載ってしまい 一歩間違うと荷重が適量を越えてしまい易いのです。

逆にリアエンジンやミッドシップでは、発進加速が良くブレーキングでは荷重が抜け易いのです。
ブレーキングで得た荷重も、ブレーキペダルから足を離せばフロントに重量物が無いリアエンジン車やミッドシップでは、すぐに荷重が抜けてしまいます。

このように、リアエンジン車やミッドシップは荷重が載り難くいのでアンダーが強く、フロントエンジン車は荷重が載り過ぎてアンダーが強いのです。
ひと昔前のFF・四駆・RR・ミッドシップでは、本当にアンダーが強く乗り難かったのですが今では、タイヤの性能やシャシー性能が向上したので、 ここまで極端な挙動変化は起こりません。

このように、荷重は足りなくても多過ぎてもダメなんですよ。
え、その適量って言うのを教えろ?それは、また後日に( ̄▽ ̄;




ホーム
トップ
戻る
次へ




Copyright(C) 2002 by bunkichi All rights reserved.