ブレーキコントロール

コーナーを生かすも殺すも・・・

ホーム トップ 戻る 次へ

ブレーキングでアンダーやオーバーをコントロールできれば、アプローチに幅ができます。「ここは、 ギャラリーコーナーだから、ドリフトでもしてみるか。」と、遊ぶこともできますし、 タイムアタックをするときには、リヤを動かさないブレーキングをすることもできます・・・限界はあるけどね。
ブレーキパッドを交換することで、オーバー方向アンダー方向にすることも できますが、オーバー方向のセティングではオーバーしか出せないでしょうし、アンダー方向ならばアンダーしか出せないと思います。
そこで、ブレーキをコントロールすることでアンダーやオーバーを自分の意思で出せるようになれば、ドライビングに 幅が生まれますので是非、参考にしてください。

【注意】ブレーキの練習は、パイロンコースなどの場所で行ってください。一般道では、事故に繋がる恐れがあるのでやめてください。
ブレーキングを完全にマスターするまでは、大変危険なので実践で使わないようにしてください。

【アンダー方向】
アンダー方向のブレーキングは、"初期段階でいかに車速をおとせるか?"ですべてが決まってしまうと言っても過言ではありません。
ブレーキングで車速を落とし、早めにステアリングを切り始めます。このとき、ステアリングの少なめにしてください。あまり初期の段階からステアリング量を大きくするとどアンダーに陥ってしまうので、ステアリング量の 感覚は、練習によって養ってください。
ステアリングを切り始めたら、ブレーキングをリリースしてください。あとはステアリングとアクセルで曲がるように すれば、アンダー気味の走りになります。
ただし、リヤ駆動の場合アクセルを踏み込んだときにステアリング量を多くとってしまうと、たちまち立ち上がりオーバーになってしまうので注意が 必要です。どの駆動輪でも、ステアリングを必要以上切らないというのが基本です。

【オーバー方向】
オーバーを出すためには、アプローチではオーバースピード気味で進入しなければならないので、ちょっと勇気が必要です。ただしオーバー 気味なだけで、決してオーバースピードで突っ込むのではないので注意してください。
基本的にオーバーを出す為には、"待ち"が必要なので、あせってブレーキをリリースしたり、アクセルを踏み込んだりしないようにしましょう。
ブレーキングは、普段よりも早めから開始します。初期段階であまり車速を落とし過ぎないようにしてください。車速を落としてしまうと、進入でオーバーが出なくなる ので、なるべく高い車速をキープしたままアプローチしてください。
コーナーリングスピードまで車速を落としたら、ブレーキの踏力を荷重を抜かないブレーキに移行してください。そのままの状態からステアリングを切り込んでください。 ステアリング量は少なめです。
ブレーキを残しているとリヤが動き出すので、カウンターやアクセル・オンで流れを止めて立ち上がりましょう。リヤ駆動でアクセル・オンで流れを止める場合は、あまりアクセルを 踏み過ぎないようにしましょう。アクセルを踏み過ぎるとスピンモードに移行するので気を付けてください。

ブレーキングの練習は、失敗すると即、クラッシュに繋がるので練習で確実に身に付けてから実践投入してください。




ホーム
トップ
戻る
次へ




Copyright(C) 2002 by bunkichi All rights reserved.