アウト・イン・アウト

ぶんきちの考え方です

ホーム トップ 戻る 次へ

コーナーリングは、特別な場合を除いて"アウト・イン・アウト"の ライン取りが基本とされています。
このライン取りの理由を簡単に説明すると、"コース幅を使い、コーナーをより直線的に 走れるようにする"だったかな?(^^;

ま、まぁその辺の詳しいことは置いといて←良いのか?( ̄▽ ̄;
人様の走りを見ていると「アウト・イン・アウトの意味を知らないんじゃ・・・」と 思うことがたまにあります。

そこでアウト・イン・アウトを"進入・クリップ・立ち上がり"と3分割に分けて、 細かく解説して行きます。
なお、所詮ぶんきちも素人なので激しく間違っている可能性が大なので、「それは、違うだろ? 」ってトコがありましたら、教えてください( ̄▽ ̄;

【進入】

進入時には、アウトに寄るっていうのはみんな理解しているようですが、"寄せ切れて無い"って 言うのが現状です。
速い(巧い)人の走りを見ていただければ理解できると思いますが、それこそ"グラベル(ダート)"に タイヤを落とすくらい、ギリギリまで寄っています。

まぁ、イキナリここまで「寄れ」とは言いませんが、寄るように意識して走ってください。
意外と、進入でアウトに着いていない為に"進入スピード"を上げれないってことがありますので メ一杯、アウトに寄るようにしてくださいね。

【クリップ】

クリップを手前に見ている人って、意外と多いです。
クリップを手前に置いてのライン取りをしてるので、"コーナーリングスピード"を上げれずに 苦労している人達が多いみたいですね。

クリップが手前になってしまうと、ライン自体が小さくなってしまい、結果的に"舵角量"が増え アクセルを開けられない状態が続きます。
舵角量が大きくなると、"走行抵抗"となってしまい、ブレーキング現象が起きてしまいます。

この時、車速が高ければ駆動方式に関わらず、"オーバーステア"が出易い状態になってしまいます。
ここでのオーバーは、自分が意図して出したモノでは無いので速さには繋がらないどころか、遅くなってしまいます。

【立ち上がり】

ここで勘違いしている人が非常に多いです。
立ち上がりの際は、"アウト側に車を持って行くのではなく、必要に駆られてアウトにはらむ"って ことなのですよ。

クリップ通過と同時にアクセルを踏んで行くと、セッティングによってはオーバーやアンダーが出ます。
ぶんきちの経験上、に長いストレートがある場合にオーバーが出る車は遅いような気がします。

立ちでオーバーが出ると、アクセルコントロールを強いられてしまい、ストレート加速に移行するのに時間が掛かってしまうんですよね。
逆に、アンダー気味で立ち上がると、コース幅全体を"自然"に使い切ることが出来て、そのままの勢いで ストレートに入れるんですよ。

ただ、上記のやり方は全てSWで試したモノであり、その他の駆動系にあてはまるかは疑問ですが・・・
なので、あんまりアテにしない方が良いカモね( ̄▽ ̄;




ホーム
トップ
戻る
次へ




Copyright(C) 2003 by bunkichi All rights reserved.