ブレーキの使い方

使い所を間違わないように

ホーム トップ 戻る 次へ


今まで何回もブレーキについて紹介してきましたが、走りを楽しくするのも、危険なものにするのも "ブレーキングしだい"と言っても過言ではありません。
また、ブレーキの踏み方、踏む場所、踏むタイミング、踏む力によってアンダーにもオーバーにも ニュートラルステアにもなります。

路面状況、路面温度、タイヤの内圧、タイヤの温度、タイヤの減り、車速にも過大に影響を受ます。
これらを踏まえた上で、"踏量" "タイミング"を決めます。ここで、間違うとすべてが台無しになってしまいます。

ブレーキングを語る時に絶対に外せないのが"ブレーキ残し"です。
ブレーキを残すという行為は、"フロント過重"に欠かせないことなのですが、 度が過ぎると、過過重になってアンダーを引き起こしたり、オーバーを誘発させることがあります。
ワザと過過重にして、アンダー気味に走ったりオーバーで遊んだりするのですが・・・
次に、旋回中にブレーキングを調整して、アンダーを抑えたりオーバーを抑えたりする方法を解説します。

【アンダーを抑える方法】
単純にクリップまでブレーキを残せば、意外なほどアンダーは出てきません。そこでさらにインに向けて行く方法を解説しますね(^^;

減速を終了し、ブレーキを残しながらクリップに向かって行くワケですが・・・「ぬぉ!インに着けない!このままでは 立ち上がりが苦しくなってしまう〜!」ってこと経験したことないですか?え、ぶんきちだけ?(T-T)
え、え〜と、旋回中にインに向かわせるには、最大Gが掛かった時に残しているブレーキを "チョン"と強めに踏めば、インに向いて行きます。
ただ、ブレーキを強く踏み過ぎるとアンダーが出てしまいますので、タイミングが取れない人は使わないように・・・え、それじゃぁ、解説になってない?(^^;

40Kmくらいのスピードで"だせい"でコーナーを曲がり、ロール量が最大値に達したらブレーキを"ちょん"と踏んでみましょう。インに向く感覚が掴めれば 成功です。もし、インに向く感覚がなければタイミングが早や過ぎるか、遅いかのどちらかなので、その前後でタイミングを取るようにしてみてください。
慣れてきたら徐々に車速を上げて行けば、"自分内最高速"で使えるようになりますよ。

【オーバーを抑える方法】
オーバーを抑える=アンダー走行とは考えないでくださいね。

コーナー中、不意にオーバーが出るのはフロントに過重が載り、リヤが浮き気味になってしまう状況なのです。ドリフト走行は、これを利用してます。
上記の"アンダーを抑える方法"では、"ブレーキをクリップまで残す"と言いましたが、オーバーを抑えるにはクリップ直前でブレーキから足を放します。
この時、ステアリングを若干インに切り足すと効果的です。
ステアリングをインに切り足すと、アンダーが出てしまいそうですが、"量"を間違えなければ意外とアンダーは出ないですよ。

ステアリングを切り足す量も走り込んで覚えるのですが、こればっかりはゆっくり走ってでの練習は難しいので、切り角を徐々に増やしてアンダーとニュートラの感覚を 掴むようにしてください。イキナリ舵角を当て過ぎると、危ないので気を付けてください。
もちろん、舵角は切り足さなくて済むものなら切り足さない方が良いので、舵角一定を心掛けてください。




ホーム
トップ
戻る
次へ




Copyright(C) 2002 by bunkichi All rights reserved.