テールスライド
★タックイン★

FF車の方が有効です。

ホーム トップ 戻る 次へ


タックインというテクニックは、元々曲がり難かった、FF車特有のテクニックでした。
"曲がり難かったFF車"・・・懐かしい言葉です。今では、メーカーの努力の結果 ヘタなFR車より良く曲がるようになってしまいました・・・まぁ、それは良いとして・・・(^^;

基本的にタックインは、コーナーの進入で「ブレーキを掛けるほどの車速はないけど、 フロント過重を掛けたい!」て時に使います。
例えば、コーナーとコーナーの距離が少しあるS字コーナーのような場合、1コーナー目はブレーキングでコーナーに進入します。 コーナーをクリアすると同時に短い直線を加速しますよね?
すぐに次のコーナーが迫って来ます。そのコーナーに進入するのにブレーキで減速すると、タイムロスになるけどフロントに 過重を載せたいって時に、アクセルを"ポン"と一瞬だけ抜いてステアリングを切ります。
すると、車は一瞬で向きを換え車速を落とすことなく、曲がることができるのです。

さて、このテクニックを使ってドリフトをするのですが、使い所はやはりS字コーナーの揺り返しです。

まず、1コーナーをサイドアクセルで、スライドを誘発させます。
FR車であれば、少々大袈裟にアングルを付けて、1コーナーを曲がって行きます。
次に2コーナーに進入するのですが、ステアリングの方向を見てください・・・ね、カウンターを当てた舵角は、次のコーナーの方に向いているでしょ?
カウンターを当てたままの状態で、アクセルを抜きます。すると、過重がフロントに移ると同時に、カウンターを当てた方向に車が走り出します。
ここで、素早くカウンターを逆方向に当てないと、たちまちスピンをしてしまいます。ミッドシップ車では、素早い動作をしなければコマのように 回ってしまいます。

ここまで読んだところで、この一連の動作に覚えがありませんか?
そうです、8の字旋回でやったことの応用なのです。

タックインは、ミッドシップよりFR、FRよりFFの方がやり易いのです。アクセルを抜く事でフロント過重になると言っても、それは微々 たるものなのです。ですからより、リヤの軽いFFの方がタックインを誘発させ易いのです。
しかし、連続するコーナーリングで起こる慣性力によって、タックインが難しいミッドシップでもタックインを誘発することができます。

タックインは、サイドドリやパワードリのような、ハデさは無いですけどキマれば絶対カッコ良いので是非覚えましょう。




ホーム
トップ
戻る
次へ




Copyright(C) 2002 by bunkichi All rights reserved.